スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブの皆さんへ!!

Mさん、Jさん、Tさん、Kさん、Oさん、児、皆、暑いですか~!!
長野はめちゃめちゃ寒いです!!

ここ数日、急に寒さが襲ってきて、雪もしっかり積もっちゃいました。
Jさんが日本にいたら凍死しちゃうかもしれません(笑)
前回もかなり寒がってましたから。。

ちなみに、こんな感じです。
これは、朝の通勤路の裏道を爆走中の写真です。
20080123858.jpg

会社の駐車場に停めてちょっと時間が経つと、この通りです。
20080123860.jpg

昨日は雪は降らなかったんですが、気温がマイナス10度になり、

会社の水道は凍結。
自宅の洗濯機の排水も凍結。
我が家で一番寒い部屋の室温、なんと1.5度。

氷点下にならなかっただけマシですが、
きっと朝方には氷点下、達成してたはずです(笑)
20080124863.jpg

早くセブにいって泳ぎたい今日この頃です。
次回は、カップラーメンと菓子パンを土産に持っていきますからね!
スポンサーサイト

冬将軍

昨日から急に寒さが厳しくなってきました。
車の窓も凍り付いて、暫く開かないようになってきました…

そうなると思い出すのは、セブ。
ここのところ、日本での仕事が溜まってしまい、セブへ力を注げていない!!
というより、そんな事はいいからセブでのんびり…いや、仕事をしに行きたい!!

などと思いながらデスクに向かっている今日この頃です。

話は変わるんですが、2月20日発売の長野県情報誌『NaO』に
プレシャスライフの紹介が掲載されます。
IMG_2030.jpg

↑は、『NaO』とはまったく関係なく、セブでよく見かけるヤモリです。
『NaO』用の写真を整理していたら見つけてしまい、何となく載せたくなりまして。。
他にも懐かしい(2ヶ月ほど前ですが)画像があり、
今まで誰にも伝えてなかったローカルネタを思い出したので、この場を借りてUPします。

IMG_2024.jpg

ここは、ルソン島マリキナ市というところのツアー会社です。
ルソンからセブへ渡る時の航空券の手配をしている時の写真です。
一見、旅行会社に見えない色使いの看板ですが、対応、店内、
至って普通の旅行会社でした。

が、案内してくれたM氏によれば

「もっと安い旅行会社があるからそこにも聞いてみよう!」

ということになり、移動。
街中の小さな店の前に停まり、M氏が確認に。
IMG_2027.jpg

「ヘア・サロン?」確かに看板にはそう表記してあります。
フィリピンで雑貨屋的な、いわゆる何でも屋的なものはそう珍しくありませんが、
僕は旅行会社のその手のSHOPは初めてでした。

中に入ってみると、まったく普通のヘア・サロン…いや、床屋さん。
そこでM氏は確かにチケットの交渉をしていました。

そして、確かに安かった。安かったんですが、
2名ほどの散髪客に混じってのチケットのディスカウント交渉。結構変でした(笑)
で、帰り際、表をよ~~く見ると
IMG_202799.jpg

『Travel&Tours』

と、確かに手書きの紙が貼ってありました!

このマリキナ市は、「クリーンネスト・オブ・フィリピン」と言われるほど綺麗な街で、
タバコのポイ捨てで500ペソ(約1,250円)の罰金が課せられたり、
街のほとんどの電柱には街灯が設置されていたりと、
ちょっと他とは違う雰囲気だったので、尚更驚いてしまいました。

他の街だったら、何でもあり!と、スパっと割りきれたんでしょうけど(笑)
何しろ、車のボディを溶接&板金でオリジナルを作っちゃう国ですから!!
ハマー(偽)を見かけたときは笑っちゃいましたけど。。


また新着情報&思い出し情報があったらUPします。


セブの楽しみ方(自分流)

ちょっと真面目な日記が続いたので、今回は普通(?)のやつを。


「セブっていったいなにが楽しいの?何をすればいいの?」

と思う方も少なくないと思います。
僕自身も、実際に足を運ぶまでいまいちピンと来なかったのが実際のところです。

その一方、

「な~~~んにもしなくていいからボ~~~ッとしてたいな~~~」

という意見を一番多く耳にしたりします。

働くことが大好きな日本人ですから、日本にいるだけで休めない!という人も多く、
携帯もつながらず、パソコンの環境もない海外に出てしまえば、
あとは休むしかない!!という方と日本でお話する率が以上に高いです。

僕自身がセブで一番落ち着いたのは友人宅で、現地日本流の暮らしに触れた時でした。
甘くない麦茶を南の島で飲む。普通の事なんでしょうが、
向うのお茶は甘いんです。しかも、どうしようも無いほどに…

と、まあこれは、かなりローカルな話なので、ちょっと目先を変えると、
1日は100%の力をマリンレジャーに費やすとして、あとはプールですね。

海外の方や、現地の方の多くはプールというものを重要視しています。
ホテルのプールなんかで、のんびり泳いでプールサイドでゆっくりする。
そんな楽しみ方をしてる方が多く、
疲れを癒したい日本人にピッタリだと感じます。
IMG_8234.jpg

実際に、ホテルの部屋の予約状況をみても、ラグーン・サイドやプール・サイドに人気が集まり、
部屋からそのままプールへ!という部屋が人気なんです。
もちろん、オーシャン・ビューも不動の人気ではありますが。
IMG_8156.jpg

やはり、この現代社会におけるリゾートの役割は
"ゆったりとした時間を楽しむ癒し"というキーワードは外せないものですね。
IMG_8211.jpg

そうなると、ホテルの部屋もゴージャスなリゾートから隠れ家的なリゾートへと
風潮が変化してくるのかもしれません。
IMG_8282.jpg

こんな感じの、特別広くもなく、見晴らしも良くない。
しかも豪華な家具や機材も入っていない静かなホテル。
こんなところで、のんびりと過ごすリゾートもまた格別ですね。
IMG_8217.jpg

気張らず気取らずにくつろげる部屋っていいですよね~

が!!
やはりスウィートで広々と日常空間の違いを満喫するのも捨てがたい!!
リビングのある部屋にマイ・ジャグジー。やはりそれもアリですよね。
IMG_8132.jpg

今回はホテル&プールを主題にしましたが、やはり僕としては海で思いっきり遊ぶ。
そして、街に出て、現地を見る、知る、体感する。
これこそがリゾートではないかな?と感じる今日この頃です。
ですが、セブの魅力はそれだけではないんです。
ローカルにこそその魅力は…それは次回ということにして、今回はこの辺で。



新年明けましておめでとうございます。

IMG_8213.jpg


新年明けましておめでとうございます。

昨年は我々『プレシャスライフ』にとってスタートの1年になりました。
沢山の人と出会い、沢山の物に触れ、沢山の人の力添えがあり、
感謝の1年が終わりました。

2008年はプレシャスライフにとって、最高の1年になります。
2007年の出会いと経験を活かし、
多くの力を貸してくれた仲間達と共に最高の1年を作り上げていきます。

その結果として、東南アジアでのロングステイや変わった旅行を望まれるお客様に
素敵な結果や思い出を作るお手伝いが出来ればと考えています。

今年も皆様にとって素敵な1年になりますように。



プレシャスライフ・岩崎友則


ちょっと真面目にロングステイについて。

ロングステイってなに?と良く聞かれる。
それほど難しく考える事でもなく、「長く滞在する」という事。
一応、定義としては、2週間以上の海外への滞在という事となっている。

今、世間では年金問題で国内では暮らせなくなるのではないか?という問題から、
生活の拠点を海外へ移すことを進めているアドバイザも少なくないでしょう。
私もそう聞かれれば、物価の安い国への移住をお勧めします。

が、問題はそこではなく、永住にいきなり踏み切れるか?!と聞かれると、
見たことも行ったことも無い国に

「ここは物価が安く安全ですからどうぞ永住してください」
「気候も暖かく、親日国でみな親切ですよ」

と言われてもまったくもって理解できないし、現実問題で不可能です。
いくらそこに日本人ビレッジがあったとしても、素晴らしい施設があっても、
生活の拠点になる場所は海外なのですから。

仮に、巨大日本人ビレッジが出来、ショップやレストランを全て日本のものにして、
そこに居住する方、スタッフ、共通言語が日本語etc…
そんな素晴らしい環境が出来上がったとしたら、きっとそこは"安くない"でしょう。
それどころか、国内の有料老人ホームへ入るより高価で高確率になると予想できます。
IMG_8293.jpg

それじゃあどうすれば良いのか?という事に関して、まったくの個人的主観ですが、
参考になればと思い書かせてもらいます。

やはり、基本は『好きな国で暮らす』ということに尽きると考えます。
日本はもちろん素晴らしい国だと思いますし、私も大好きです。
が、よく言われている年金問題や、これからの経済低迷のことを考えると、

「日本以外にも基盤となる場所があれば安心」

という考えに至りました。
そこでその第2の基盤としてあがったのがセブでした。

一言でセブをたとえるなら、不思議な国というイメージがピッタリでした。
南方の日本人のルーツと言われるアジア、マレー系の国でありながら
カトリック教徒の国であり、世界有数のリゾートでありながら
ちょっと街を離れると、そこには普通のフィリピンのローカルな街並みがあり、
ホスピタリティに溢れた人間性や、発展途上のパワーもありつつ、
セブタイムというか、今の日本社会で忘れ去られた"ゆとり"もありつつ…
IMG_7993.jpg

もちろん、セブだけではないんですが、その国の素の部分を好きになるか?
という事がロングステイの成功の鍵になります。

視察、ツアーといろいろと手段はありますが、
まずは旅行です。その国へ行ってみることがまず基本だと考えます。
その国を知り、体験する。
それからロングステイへ移行します。(移住、永住ではない)
2週間前後のステイを繰り返せば、自分がその国にマッチしているか解るはずです。

よく、「ここが日本とは違う!」「こうしなければ住めない!」と言われる方もいらっしゃいます。
が、そこは日本ではないので、当たり前の事なんです。

もちろん、ご紹介する立場の私達は、極力、ご要望に近い環境を提示いたします。
現地での衣食住のサポートや医療面のサポート。しっかりやらせていただきます。
ですが、そこは海外です。どうしても日本とは違うものです。

それをご理解いただいたうえで、海外でのセカンドライフの成功があります。
IMG_8083.jpg

1年を通して、↑こんな気候の国、セブです。
それにあわせたご自身の楽しみ方を見つけられたら最高ですよね!
ゴルフが趣味の方、海がお好きな方、雑多な感じの街が好きな方、
それぞれの趣に対してご紹介・ご案内できるように、
私はセブ(フィリピン)1カ国に絞込み、どこよりも詳しいご案内が出来るように務めています。

マリンレジャーからスーパーでの買い物、余暇の過ごし方まで。
1週間もいると、何かしたくてしょうがなくなってきます。
そこからが本領発揮といったところでしょうか。

ビーチでビールでも飲みながらのんびり過ごすのも楽しいんですが、
スーパーで正体不明な真っ赤なソーセージを発見した時の驚きや、
屋台で10ペソのBBQを食べてみたら旨かった時の喜びを伝えていきたいですね。
IMG_7985.jpg

街で小さな子がワイワイ遊んでいる風景。
一昔前の日本では良く目にすることが出来ましたが、今ではそれほど見なくなりました。
そんな風景が残っているのがこの国の魅力の一つかもしれませんね。

今後も、どんなご相談がきても対応出来るよう、随時情報を集めています。
セブを知りたい方、リゾート以外のセブを見たい方、セブに別荘を持ちたい方etc…
どのようなご要望にもお答えいたします。

お気軽にご質問下さい。

kya01.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。