スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブの楽しみ方(自分流)

ちょっと真面目な日記が続いたので、今回は普通(?)のやつを。


「セブっていったいなにが楽しいの?何をすればいいの?」

と思う方も少なくないと思います。
僕自身も、実際に足を運ぶまでいまいちピンと来なかったのが実際のところです。

その一方、

「な~~~んにもしなくていいからボ~~~ッとしてたいな~~~」

という意見を一番多く耳にしたりします。

働くことが大好きな日本人ですから、日本にいるだけで休めない!という人も多く、
携帯もつながらず、パソコンの環境もない海外に出てしまえば、
あとは休むしかない!!という方と日本でお話する率が以上に高いです。

僕自身がセブで一番落ち着いたのは友人宅で、現地日本流の暮らしに触れた時でした。
甘くない麦茶を南の島で飲む。普通の事なんでしょうが、
向うのお茶は甘いんです。しかも、どうしようも無いほどに…

と、まあこれは、かなりローカルな話なので、ちょっと目先を変えると、
1日は100%の力をマリンレジャーに費やすとして、あとはプールですね。

海外の方や、現地の方の多くはプールというものを重要視しています。
ホテルのプールなんかで、のんびり泳いでプールサイドでゆっくりする。
そんな楽しみ方をしてる方が多く、
疲れを癒したい日本人にピッタリだと感じます。
IMG_8234.jpg

実際に、ホテルの部屋の予約状況をみても、ラグーン・サイドやプール・サイドに人気が集まり、
部屋からそのままプールへ!という部屋が人気なんです。
もちろん、オーシャン・ビューも不動の人気ではありますが。
IMG_8156.jpg

やはり、この現代社会におけるリゾートの役割は
"ゆったりとした時間を楽しむ癒し"というキーワードは外せないものですね。
IMG_8211.jpg

そうなると、ホテルの部屋もゴージャスなリゾートから隠れ家的なリゾートへと
風潮が変化してくるのかもしれません。
IMG_8282.jpg

こんな感じの、特別広くもなく、見晴らしも良くない。
しかも豪華な家具や機材も入っていない静かなホテル。
こんなところで、のんびりと過ごすリゾートもまた格別ですね。
IMG_8217.jpg

気張らず気取らずにくつろげる部屋っていいですよね~

が!!
やはりスウィートで広々と日常空間の違いを満喫するのも捨てがたい!!
リビングのある部屋にマイ・ジャグジー。やはりそれもアリですよね。
IMG_8132.jpg

今回はホテル&プールを主題にしましたが、やはり僕としては海で思いっきり遊ぶ。
そして、街に出て、現地を見る、知る、体感する。
これこそがリゾートではないかな?と感じる今日この頃です。
ですが、セブの魅力はそれだけではないんです。
ローカルにこそその魅力は…それは次回ということにして、今回はこの辺で。



スポンサーサイト

行って来ました~~CEBU!

今回は、ちょっとディープな仕事の話で、弊社事務長様と同行での3泊でした。
かなりタイトなスケジュールで途中、事務長がダウンするというアクシデントにみまわれるも
真冬の真夏を満喫してきました~

で、そんな仕事の難しい話は事務長にお任せして、僕はマクタン島の
リゾートホテル視察という激務(?)をのんびり敢行してきました!!(笑)
そして生意気にもマクタン・ホテルランキングをつけてみました。

第1位
◆JWBホテル
IMG_7865.jpg

毎回お世話になっているホテルです。
英語が苦手な僕ですが、ここのスタッフは日本語対応なので、挨拶も日本語。
メニューも日本食のラインナップがあります。
マリンレジャーもホテル内のマリンショップでOKなのでダイビングからバナナボートまで
なんでも即対応してくれますよ。もちろん、日本人インストラクターが対応します。

第2位
◆プランテーション
IMG_8148.jpg

ど定番ではありますが、ここの巨大ラグーンはまさに圧巻。
施設内は専用カートで移動します。レンタル自転車もありますよ。
SPAも良い感じでした~!日本語対応スタッフが少ないのが…でも次はここですね。

第3位
◆ホワイト・サンズ
IMG_8209.jpg

こじんまりとしたホテルですが、綺麗に整備された庭はくつろげますね。
部屋も特別豪華!って感じではないですが、落ち着く作りで好感が持てました。

第4位
◆シャングリ・ラ
IMG_7916.jpg

やはりマクタン最強という感じのホテルですね。
敷地内にアジア最大のCHI-SPAがあることは有名ですが、
アイアン専用のゴルフコースや、ウエディングなどの多目的ホールがあります。
もちろん、プールも広く、プールサイドのBARも充実しています。
…が、僕自身は"こじんまり"が好きなので、ちょっとデカすぎますね、ここは。

第5位
◆ブルーウォーター
IMG_8267.jpg

日本で言うと"民芸風"の宿のイメージングの建物と、鮫のいる池。
これだけでツボなんですが、歩いて離島へ渡れることも魅力のひとつ。
フローティングレストランなどビーチに力を入れてるホテルですね。


と、生意気にもランキングしてみました。
あくまでも個人的ランキングですのであしからずです。

あとは、ローカルのホテルも良い感じのところがあります。
良い感じといっても微妙ではありますが…(笑)

◆マクタンペンション
20071006274.jpg

なにがウリかと聞かれれば、「値段です」と即答できるマクタンペンション。
もちろん、バックパッカークラスの方には「高い!」と言われるでしょうが、
日本のビジネスホテルの半分いかない料金で1泊出来ます。

◆ACE HOTEL
20071212672.jpg

そこよりちょっと高級なエースホテル。
ここは良かったですよ!普通の安いホテルって感じで、サプライズがなくて残念(笑)
マクタンペンションのシャワーは台所にあるようなガス湯沸かし器だったので、
その勢いで望んだ僕が間違いでした(笑)


そんな感じの楽しみ方はどうでしょうか??あまりお勧めは出来ませんが…

マクタンだけでも多種多様のホテルがあります。
目的、用途、人数によって楽しみ方は様々ですね。
希望されるホテル等あれば僕がリサーチ入れますよ~~~~

行けば行くほど、知りたいことが増えてきて困ります…


セブ行き決定~

年内のセブ行きを諦めていたんですが、11日フライトが決まりました。
しかも、ハイシーズン入り直前の安いチケットが取れたのでラッキー!

もちろん仕事で行くんですが、1日は海にいけそうです。
また良い写真が取れたらアップします。
20070916206.jpg

これは、前回行った時のパーティーのときに振舞われた名物料理、
『レチョン・バブイ』です。
せめて食べる前の写真があれば良かったのですが…

今回も、こんなパーティーに遭遇しないだろうか…したらいいなぁ…
セブでは誕生日を迎える人や家庭が皆に振舞うスタイルなので、
食べ放題&飲み放題なんです。
しかも、この日は急だったのでプレゼントも渡せませんでした(笑)

20071113551.jpg

コイツ等ともまた離れ離れになるんですが、
今回は3泊4日なので問題ありません!

ただ、このシーズンになると、コタツ猫ならぬ、布団犬。
かなり暖かいんです!!

セブは暑いからいらないのか。

とにかく、皆さんのためにも良い情報を集めてきます~!

フィリピン犬

IMG_1782.jpg

無類の犬好きにとって、海外で犬に触れない(ほうがいい)ことはかなり辛い。
しかも、今回のセブ&ルソンは1ヶ月と長丁場。
そりゃ無理ってもんでしょ~~こうなったら遊びまくりです!

確かに、番犬として飼われていたり、場所によっては食用だったり…
鯨を喰う国民が、犬を喰うことを中傷することは出来ないが。

何はさておき、まったくの個人的視点のみの今回の日記。比国・犬特集~!

↑の子達は、タガイタイという街での1コマ。
タール火山へ向かうボート乗り場で親子で遊んでいる!
そりゃもう、可愛くてしょうがない。
まだ一部の裕福な人たちしか首輪&リードでお散歩ってのは見かけないですね。

街中を除いては、放し飼いがメイン。
ただ、番犬として人を敵対視する犬は繋いであるか、庭での放し飼い。
…危なくはあるが。
IMG_1894.jpg

勿論(?)前の日記の"スバル"もその中の1頭。
常に放し飼いで、親犬(つながれている)と遊んでいる。
僕らが何かを飲んだり食べたりしてると、どこからともなく現れるスバル。
IMG_1902.jpg

そして、今回、純血の子に多く出会えた!!
過去、マニラの街中を除いてはほぼ雑種しか見かけなかったのだが、
↑は、ラグーナ州カブヤオで、ダルメシアンと遭遇~~♪
優しい良い子だった!!…が、犬嫌いには吠えまくるそうだ(笑)
IMG_1749.jpg

そのダルの相棒が↑この子。ミニチュアとスタンダードの間位のサイズで、
小さいダックスばかり見てきたので、巨大に見える。
コイツも大人しい良い子でしたよ。
IMG_1916.jpg

↑これが珍しいお散歩風景。
マニラ辺りでは、ブランド犬を散歩させることがステイタスみたいで、
最近ではそれほど珍しくもなくなってきたが、
カブヤオでシーズーとは!!ちょっと驚きでした。

ちなみに、マニラでは、ボストンテリアが2万ペソ(約5万2千円)で売ってました。
IMG_2032.jpg

↑この子は、マニラ・マリキナ市で遊んだプードル。
トイと、ティーカッププードルの間位の小さめサイズで、大人しい~

日頃、弾丸のようなうちの犬達を相手にしてる僕としては逆に斬新で嬉しかったりする。
IMG_2042.jpg

↑このチワワも、プードルを飼っているお宅の子。
この子は、広い庭を稲妻のように駆け回り、疲れると僕の足元へ。
そしてまた稲妻のように去っていき、また戻るの繰り返し(笑)
可愛かった!!

ここのお宅では、プードル・チワワ・ダックス・ポメラニアンを合計7頭飼っている。
広いプール&ジャグジー付の庭をわらわら走り回る姿は犬飼としては憧れちゃいますね!

もっとも、うちのフレンチあたりだと、暑さで即ダウンでしょうが…
20070816091.jpg



とてつもなく可愛かったので。



思わず載せてしまいました。

バイビー(あだ名)と、その飼い犬のスバルです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。