スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン犬

IMG_1782.jpg

無類の犬好きにとって、海外で犬に触れない(ほうがいい)ことはかなり辛い。
しかも、今回のセブ&ルソンは1ヶ月と長丁場。
そりゃ無理ってもんでしょ~~こうなったら遊びまくりです!

確かに、番犬として飼われていたり、場所によっては食用だったり…
鯨を喰う国民が、犬を喰うことを中傷することは出来ないが。

何はさておき、まったくの個人的視点のみの今回の日記。比国・犬特集~!

↑の子達は、タガイタイという街での1コマ。
タール火山へ向かうボート乗り場で親子で遊んでいる!
そりゃもう、可愛くてしょうがない。
まだ一部の裕福な人たちしか首輪&リードでお散歩ってのは見かけないですね。

街中を除いては、放し飼いがメイン。
ただ、番犬として人を敵対視する犬は繋いであるか、庭での放し飼い。
…危なくはあるが。
IMG_1894.jpg

勿論(?)前の日記の"スバル"もその中の1頭。
常に放し飼いで、親犬(つながれている)と遊んでいる。
僕らが何かを飲んだり食べたりしてると、どこからともなく現れるスバル。
IMG_1902.jpg

そして、今回、純血の子に多く出会えた!!
過去、マニラの街中を除いてはほぼ雑種しか見かけなかったのだが、
↑は、ラグーナ州カブヤオで、ダルメシアンと遭遇~~♪
優しい良い子だった!!…が、犬嫌いには吠えまくるそうだ(笑)
IMG_1749.jpg

そのダルの相棒が↑この子。ミニチュアとスタンダードの間位のサイズで、
小さいダックスばかり見てきたので、巨大に見える。
コイツも大人しい良い子でしたよ。
IMG_1916.jpg

↑これが珍しいお散歩風景。
マニラ辺りでは、ブランド犬を散歩させることがステイタスみたいで、
最近ではそれほど珍しくもなくなってきたが、
カブヤオでシーズーとは!!ちょっと驚きでした。

ちなみに、マニラでは、ボストンテリアが2万ペソ(約5万2千円)で売ってました。
IMG_2032.jpg

↑この子は、マニラ・マリキナ市で遊んだプードル。
トイと、ティーカッププードルの間位の小さめサイズで、大人しい~

日頃、弾丸のようなうちの犬達を相手にしてる僕としては逆に斬新で嬉しかったりする。
IMG_2042.jpg

↑このチワワも、プードルを飼っているお宅の子。
この子は、広い庭を稲妻のように駆け回り、疲れると僕の足元へ。
そしてまた稲妻のように去っていき、また戻るの繰り返し(笑)
可愛かった!!

ここのお宅では、プードル・チワワ・ダックス・ポメラニアンを合計7頭飼っている。
広いプール&ジャグジー付の庭をわらわら走り回る姿は犬飼としては憧れちゃいますね!

もっとも、うちのフレンチあたりだと、暑さで即ダウンでしょうが…
20070816091.jpg



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。