スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブの楽しみ方(自分流)

ちょっと真面目な日記が続いたので、今回は普通(?)のやつを。


「セブっていったいなにが楽しいの?何をすればいいの?」

と思う方も少なくないと思います。
僕自身も、実際に足を運ぶまでいまいちピンと来なかったのが実際のところです。

その一方、

「な~~~んにもしなくていいからボ~~~ッとしてたいな~~~」

という意見を一番多く耳にしたりします。

働くことが大好きな日本人ですから、日本にいるだけで休めない!という人も多く、
携帯もつながらず、パソコンの環境もない海外に出てしまえば、
あとは休むしかない!!という方と日本でお話する率が以上に高いです。

僕自身がセブで一番落ち着いたのは友人宅で、現地日本流の暮らしに触れた時でした。
甘くない麦茶を南の島で飲む。普通の事なんでしょうが、
向うのお茶は甘いんです。しかも、どうしようも無いほどに…

と、まあこれは、かなりローカルな話なので、ちょっと目先を変えると、
1日は100%の力をマリンレジャーに費やすとして、あとはプールですね。

海外の方や、現地の方の多くはプールというものを重要視しています。
ホテルのプールなんかで、のんびり泳いでプールサイドでゆっくりする。
そんな楽しみ方をしてる方が多く、
疲れを癒したい日本人にピッタリだと感じます。
IMG_8234.jpg

実際に、ホテルの部屋の予約状況をみても、ラグーン・サイドやプール・サイドに人気が集まり、
部屋からそのままプールへ!という部屋が人気なんです。
もちろん、オーシャン・ビューも不動の人気ではありますが。
IMG_8156.jpg

やはり、この現代社会におけるリゾートの役割は
"ゆったりとした時間を楽しむ癒し"というキーワードは外せないものですね。
IMG_8211.jpg

そうなると、ホテルの部屋もゴージャスなリゾートから隠れ家的なリゾートへと
風潮が変化してくるのかもしれません。
IMG_8282.jpg

こんな感じの、特別広くもなく、見晴らしも良くない。
しかも豪華な家具や機材も入っていない静かなホテル。
こんなところで、のんびりと過ごすリゾートもまた格別ですね。
IMG_8217.jpg

気張らず気取らずにくつろげる部屋っていいですよね~

が!!
やはりスウィートで広々と日常空間の違いを満喫するのも捨てがたい!!
リビングのある部屋にマイ・ジャグジー。やはりそれもアリですよね。
IMG_8132.jpg

今回はホテル&プールを主題にしましたが、やはり僕としては海で思いっきり遊ぶ。
そして、街に出て、現地を見る、知る、体感する。
これこそがリゾートではないかな?と感じる今日この頃です。
ですが、セブの魅力はそれだけではないんです。
ローカルにこそその魅力は…それは次回ということにして、今回はこの辺で。



スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ブーケを貰う

ブーケの検索サイト。ウェディング、ブライダル、結婚式、プリザーブドフラワー、手作りなどブーケに関する各種情報をお届けしています。 http://dare3.stuartmembery.com/
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。